SSブログ

12月 15日 セット間隔長いロング波でした [釣り]

今日はゆっくり10時頃のエントリー、波高計60cm台だったんで念のため移動想定してチャリでホームをチェック

221215Sが浜 01.JPG
波は、微妙な感じながらも結構大きなセットも入って来る。暫く様子見るも入水者皆無だったんで先ずは入水し、3本ほど乗った段階で周り見回すもやっぱサーファー皆無[冷や汗2][冷や汗2]
今日は結局お昼迄一人だけで乗ってその間入水者皆無(´;ω;`)
221215Sが浜 03.JPG221215Sが浜 04.JPG
脱水後、周り見回しても人皆無----ってことで
221215Sが浜 02.JPG
今日は痛恨の自撮りモードですわm(_ _)m

オマケ
12日(月)、初めて”平塚のコマセマダイ”にチャレンジしてきました
神奈川県でマダイ釣りと言うと三浦の ”剣崎” 一択の感ありますが、噂によると冬の間だけ西湘の瀬ノ海でマダイがしかも大物が釣れると聞いて庄治郎丸に乗り込んだんですが---221212 01.JPG船に乗り込むなり堺船長から「なんで剣崎へ行かなかったの?こっちは釣れないよ」と一気にやる気が失せる悲しいお言葉が(T T)
しかしイザ糸を垂れてみたら何のことはない始めのひと流しめからアタリがw
221212 03.JPG
それを皮切りにお隣さんも次々と
221212 05.JPG221212 04.JPG
その後がなかなか続きませんでしたが、反対側で4Kgオーバーが
221212平塚マダイ.JPG
そしてそして私にも大鯛独特のしかしこれまで経験のない様な強烈なアタリが!!!
巻いても巻いてもすぐにドラグ滑って糸が出されてしまう。まわりから「落ち着いてゆっくり巻いてくれば必ず取れるから」との優しいお言葉、そしてかなりの時間をかけ、いよいよ残りあと3mというところで何と反対の方とおまつりして痛恨のブレーク(T T)(T T)(T T) 上がっていれば恐らく自己記録更新間違いなしの大物。あまりのショックでその後数日間は私、生きる屍の様になっとりました
それにしても前回の8号ハリスをプッツリ切ってゆくワラサとか季節外れのまさかの大鯛とか、地元 ”平塚の釣りポテンシャル” 正直言って私、完全に侮っておりました。
今年は来週、鹿嶋の座布団ヒラメ初チャレンジの竿納めを控えており、もう釣行出来ませんが、来年こそは真剣に”地元大物魚狙い”取り組んで行きたいと今、心の炎は燃えております!
nice!(2)  コメント(0) 

11月 28日 人生最大の釣り計画が荒天で---- [釣り]

昨日はビーチクリン及び放課後サーフィンクラブのお手伝いに参加出来ず申し訳ありません
というのも先週は我が釣り人生で最大と言っても過言でない”離島遠征釣行”に行っておりまして-----
しかしその実態たるや大変残念ってか、もしかして釣り人生ワーストかも?という内容となってしまいました
その遠征場所とは”八丈島”だったんですが、出発予定の数日前から大きな低気圧が発生。出発前日の予報で東の風10mオーバー、波高2.2mと相模湾だったら完全クローズなコンディション。しかも翌日は更に南の風10mオーバーに雨まで降るということで釣宿に無念のお断りの連絡を入れたところ、釣宿のスタッフさんから「波2mなら楽勝で釣りできますよ」との返事。そこで今回釣行の同行メンバーと侃々諤々話し合って、半信半疑ながら結局騙されたつもりで行ってみることにw
221125八丈島02.JPG
東海汽船の竹芝ターミナルはいつも通り閑散としていて
221125八丈島01.JPG
更に掲示板には荒天により着岸出来ない可能性ありとのメーッセージが----
221125八丈島03.JPG
かなり揺れる船内の食堂の窓から外を見つめ不安を隠せないメンバーたち
221125八丈島21.JPG
実際途中停泊予定の御蔵島は着岸が見送られ”欠航”にww。 更に「八丈島へも着岸出来ない可能性あり」との船内放送が(T T)
221125八丈島05.JPG
しかし幸い八丈島へは何とか着岸出来、早速初日の釣り物「カンパチ泳がせ釣り」へ
221125八丈島07.JPG
確かにウネリ2mながら釣り船は出てくれる。しかし今度はまた新たな問題が-----
カンパチの泳がせ釣りでは、まず活餌となるムロアジをたくさん釣って準備し、その後本命のカンパチのポイントへ向かうんですが、その肝心なエサのムロアジが全く釣れない(T T) 船長によるとこのところ八丈島ではムロアジが殆ど釣れなくなってて、僚船も漁をやめてしまってるとのこと(ソレ、最初に言ってよ!!)
結局5時間のチャーター時間で4時間経ってもだれも1尾もムロアジが釣れず、諦め掛けてたところでやっとムロアジが釣れ出すも時すでに遅く、カンパチのポイントへ着いた頃には地合が終わっており、初日はナント痛恨の全員坊主(T T)(T T)(T T)

翌日はリベンジに燃え、高級魚”オナガダイ”を狙って降りしきる雨にもめげず朝5時過ぎ波高2.4mの大しけの中、イザ出船!!
ところが途中で船が止まり、船長から「波が高すぎてポイントへ行けない」とのこと(T T)(T T)
仕方なく比較的波の穏やかな島廻りの浅場で泣く泣く別のターゲットを狙うことに-----
221125八丈島09.JPG
そして釣れてきたのは
221125八丈島10.JPG221125八丈島11.JPG
こちらも珍しい”アオダイ”という高級魚。 昔は伊豆から出船する銭洲行の釣船でも釣れたんですが、今このサイズ(50cmオーバー)のアオダイはほとんど釣れず、幻の魚となっているみたいです
221125八丈島12.JPG
お陰様でこのアオダイちゃんだけは何とか数を確保^^
そして船長の計らいで再度深場にトライしてみることに、そしてその結果は
221125八丈島14.JPG
まぁ何とかオナガダイの顔だけは見れましたが、本来の狙いは5kgクラスだったんで----
221125八丈島15.JPG
しかしこのひと流しで海は更に大しけとなり、這々の体で何とか港へ逃げ帰り^^;
221125八丈島16.JPG
結果、昼12時前に釣宿へ戻ることとなり、時間有り余ったんで車で島内を散策
221125八丈島06.JPG
島内にある町営温泉に浸かったり、地元名物?の魚介ピリカラ豚骨ラーメンに舌鼓を打ったりと期せずして島内観光も楽しむこと出来ました
221125八丈島17.JPG
さて、私にとってこの ”八丈島で10kgオーバーのカンパチと5kgクラスのオナガダイを釣る” というのは昔からずっと憧れていた夢で、第二の人生での最大目標の一つだっただけに大変厳しい結果に意気消沈させられましたが、まぁそんな簡単に最初の一回目で夢が叶っちゃうほど第二の人生も甘くはなかったってことで、リベンジの決意を新たにしたハングファイブデス

それから今回お世話になった八丈島の釣宿は”アサギク”さんというところで、ココは釣船の手配からエサ、道具の準備、宿泊に食事、更に釣った魚の処理まで可能な釣人にとってまさに天国のような釣宿さんでしたよ
221125八丈島20.JPG
魚を捌ける大きな流し、包丁、まな板などが自由に使え、大きな冷蔵室までありました
221125八丈島18.JPG
そして今日早速オナガダイ捌いてみましたが、大変キレイな身でビックリ
ハマダイ.JPG
今晩早速頂かせて頂きます(´∀`*)
刺盛り.JPGIMG_2172.JPG
nice!(3)  コメント(0) 

10月 2日 18号は音沙汰く行ってしまいました [釣り]

いよいよ10月、実りの秋、食欲の秋となりましたね

一方、期待していた18号は我がホームってか湘南方面には殆ど影響なく過ぎ去ってしまいました

ってことで昨日は珍しく、カミサンの孫ケア海散歩・遊びに同行
221002014.JPG
孫連れでも家から歩いて15分ほどで海へ^^;
221002015.JPG
千葉や静岡方面では結構サイズあったみたいですが、こちらはご覧の通りのド・フラット
でもやっぱ海は最高、来るだけで十分癒されますから^^
221002016.JPG
そしてビーチパークではフラダンスのイベントが行なわれてたみたい
221002017.JPG
10月と言っても平塚はまだまだ夏模様デス

更に一昨日はこんなトコへ
220930庄治郎丸イナダ五目014.JPG
そう庄治郎丸ライト五目船デス。先日の剣崎でのワラサ釣りが撃沈でイナダしか釣れず、一方地元平塚で最近ワラサが出る(こともある!?)という噂を確かめるべく乗船してみました
220930庄治郎丸イナダ五目016.JPG
そしてその実態にビックリ! オキアミ餌で狙う剣崎と違いこちらでは落し込みサビキという先ず小さな小魚(ベイト)を掛け、その掛かったベイトに今度はワラサを食わせる仕掛け使用するんですが、何とハリス6号仕掛けだと瞬殺でブチ切られ、8号のず太い仕掛けに変えてもオマツリ絡みでしたがこちらも第一投目でブチ切れて仕掛け使い果たし強制終了(T T) かなりサイズのあるワラサが平塚にも居ることを知り、ただただ唖然と驚くばかりでありましたww
さて落し込み仕掛け使い果たしたんでその後は仕方なく通常の5号2本針の吹き流し仕掛けで釣りましたが、イナダの方は飽きることなくコンスタントに釣れましたよ^^ そして私の持ち帰りはこんな感じ
220930庄治郎丸イナダ五目018.JPG
アベレージ40cmオーバーくらいのイナダなら誰でも10尾前後は釣れる状況かと思われます
220930庄治郎丸イナダ五目019.JPG
で、お味の方はというと
220930庄治郎丸イナダ五目023.JPG
やっぱ同サイズだと(ベイトの様に逃げ回らない)オキアミを大量に喰ってる剣崎物に比べると脂の乗りは少し劣る感じでしょうか
220930庄治郎丸イナダ五目022.JPG
それでも比較的脂のある”カマ”であれば塩焼きでも美味しく頂けました
220930庄治郎丸イナダ五目021.JPG
それにしても平塚のワラサ恐るべし! 季節も良くなり色々見果てぬ夢、膨らみますねぇ^^
nice!(2)  コメント(0) 

9月 21日 14号も例に漏れず足早に過ぎ去って行きました  [釣り]

今朝は頑張って8時前のエントリー

朝の波高計で既に60cmを下回り更に今日はAM8時がロータイドってことで慌てふためいていつものポイントへ着いたものの、波は
220921平塚ビーチ01.JPG
既に痛恨のスモールダウン
220921平塚ビーチ02.JPG
ショートメンバー2~3名入水してるのみでしたが、見る見る下がってく感じだったんでシーン納める余裕もなく取り敢えず入水してしまいましたm(_ _)m
それでも待ちに待って何とかお溢れを頂戴出来ただけで最後の一人となっての脱水。正に痛恨のシーン無し(T T) ------ってことは
そう自撮りですわ
220921平塚ビーチ03.JPG
超マヌケなショットではありますが、今回はレジェンドの青田さんと平塚サーフビューティ系のあゆみちゃん、カズミさんとの4ショットってことでご勘弁をε-(´∀`*)

さて、それにしても今回の台風は910hPaという未曾有の数字でホント驚きましたね。日、月、火は雷雨若しくは高波でほぼクローズ状態だったんでは? 出来てたとしたら17日だったんですけどこの日私はタイミング悪く旧会社メンバーとの剣崎ワラサ釣行
220917剣崎イナダ01.JPG220917剣崎イナダ03.JPG
しかも今シーズンあれほど釣れ盛ってたワラサが急に口を使わなくなり、8名乗船で朝一のこのたった一尾以外は釣れてくるのはイナダサイズばかし(T T)
220917剣崎イナダ05.JPG
いつも大釣りするパイセンでさえワラサ・マダイの顔すら見れず、イナダを釣れた横からポイポイ海へ^^;
220917剣崎イナダ04.JPG
剣崎自体は例によって50隻以上は集まってそうな大船団でしたが----
そして私の持ち帰りはこんな感じ。正直地元 庄治郎丸さんのライト五目の方がよっぽどマシな感じ(T T)
220917剣崎イナダ07.JPG
しかしやっぱ日頃から大船団のオキアミを大量にたらふく喰ってるだけあってかサイズの割に脂は乗っとりましたけど---
220917剣崎イナダ11.JPG220917剣崎イナダ13.JPG
まぁ兎にも角にも今回思いっきしタイミング逸してた私の14号スウェルでした
nice!(2)  コメント(0) 

7月 30日 5号ウネリしっかり届いています^^ [釣り]

今朝は9時過ぎ、例によってボード抱えて自宅から歩いてポイントへ
朝8時時点で波高117cm、周期10秒超えのグランドスウェルということで胸ときめかせ到着してみたら
220730OGi01.JPG
やっぱ波高計は嘘つかない! そして既に多くのメンバーがライディングされとりました
220730OGi02.JPG220730OGi04.JPG220730OGi05.JPG220730OGi06.JPG220730OGi07.JPG220730OGi08.JPG220730OGi09.JPG220730OGi10.JPG220730OGi11.JPG220730OGi12.JPG220730OGi14.JPG220730OGi15.JPG220730OGi16.JPG220730OGi17.JPG220730OGi18.JPG
今日は一切説明不要!?。ご覧の通り5号スウェル楽しめてる平塚ビーチデス^^

オマケ
一方、昨日は予報芳しくなかったんで、炎天下、ライトルアー船へ。竿を煽りつつ上へ上へとリール巻き上げてると突然竿がガンッと止まるあの瞬間、ホントたまらんのですよ^^;
今回は夏休みとあってかキッズの乗船者多め220729ライトルアー01.JPG
波も予報どおりフラット気味で昨日は安心して釣りに専念出来きましたw
220729ライトルアー02.JPG
釣況も安定してきて中型サバのヒット頻繁。皆さん最低20回以上はヒッティングタイムを楽しめてたのでは?、他にショゴやタチウオ、アジ、イワシなどのヒットがありましたよ
220729ライトルアー03.JPG
今回はアジをリリースして( ゚д゚) サバ5尾のみ持ち帰ってオイル漬けにトライ
220729ライトルアー04.JPG 
先ず1時間ほど塩水に浸けてから、オリーブオイルで弱火で約20分ほどゆっくり煮ます
220729ライトルアー05.JPG
220729ライトルアー06.JPG
仕上がりはこんな感じ
220729ライトルアー07.JPG220729ライトルアー08.JPG
バターライスを炊いて昨夜こんな感じで頂きましたが、やっぱ竜田揚げのときみたいに即完食とはならなかったんですが、驚いたことに一夜置いて今朝食べてみるとオイルが魚にしっかり馴染んでてとっても美味。皆パンに挟むなどしてあっという間に平らげられてしまいました。オイル煮は作ってから1日以上寝かせるのが正解のようです^^; 

更にP.S
今日の私のライディングをF村さんが撮していてくれました^^
220730台風5号藤村さん1.JPG220730台風5号藤村さん2.JPG
嬉しいなぁ^^ F村さんTKS!m(_ _)m
nice!(1)  コメント(0) 

7月 24日 コンディションあんまし良くないデス [釣り]

今日もボード抱えて家から歩いてポイントへ 10時少し前位のエントリー

ポイントに着くなりイワイさんから”朝は出来てたけどもう終わっちゃって皆帰ったよ”との悲しいお知らせが--(T T)
でもしかし、その”終わっちゃった後”ですら何とかなるのが今のホーム
220723平塚ビーチ02.JPG220723平塚ビーチ03.JPG220723平塚ビーチ07.JPG220723平塚ビーチ04.JPG220723平塚ビーチ05.JPG
まぁ家にいて「暑い、暑い!」とブゥたれてるくらいなら海中に居た方がずっと良いってな乗りですなぁ^^;
そして風も出てきて更に乗りづらくなってからでも性懲りもなく入り続けてたのは
220723平塚ビーチ09.JPG220723平塚ビーチ10.JPG
FさんにSさんww---ふふふっ
しかし更に東の方で、ダンパーに無理くり突っ込んでゆく見覚えあるメンバーがww
220723平塚ビーチ08.JPG
超久方 ”親方”に遭遇^^ とってもお元気そう^^、そして相変わらず悪コンディションも全く眼中に無しって感じ!
ってことで今日も濃いメンバーが入水している平塚ビーチデス^^;

オマケ
昨年から ”シイラ釣り” について "80cmオーバーを釣り上げて美味しく頂くところ迄を記事にする” と宣言してから今日現在未だに目標に届いとりません(T T)
言い訳ですが、昨年も今年も中々天候に恵まれず予定組んでもキャンセルの連続でして----
そして20日(水)久方の晴天予報を受けていつもの庄治郎丸さんよりイザ出陣
220720庄治郎丸シイラ01.JPG
しかし同乗者の話では ”今年は例年になく厳しい” とのことで私のお隣の方は ”今日で今年4回目なのにまだ1尾もキャッチしていない" という悲しい話を聞かされモチベーションは下がる一方(T T)
220720庄治郎丸シイラ02.JPGしかも更にこの日に限って”生コン”波かなり良さそうww
220720庄治郎丸シイラ03.JPG220720庄治郎丸シイラ04.JPG
この日は久方の晴天に恵まれるも、狙いのポイントとなる潮目や浮遊物が全く無いという珍しいコンディション、従って人工浮漁礁(パヤオ)狙い中心にアタックし
220720庄治郎丸シイラ001.JPG
私は例によって超小型のいわゆるペンペンをキャッチするもキープサイズは上がらず(T T)
220720庄治郎丸シイラ07.JPG
相模湾内を探し回るも浮遊物も潮目もないクリーンな海
220720庄治郎丸シイラ05.JPG
熱海界隈をバックに爽快に海上駆け巡るも癒やされるというよか何だか虚しい気持ち そこで終盤、船長の判断でお隣の庄三郎丸さんらとカツオのナブラを狙うことに
220720庄治郎丸シイラ08.JPG
そしてそして何とあのお隣の方に待望のヒット!! そして
ジャ~ン
220720庄治郎丸シイラ09.JPG
上がってきたのは6Kgオーバーのキメジ(キハダマグロの若魚)\^^/\^^/
220720庄治郎丸シイラ10.JPG
よかったネ、度重なるボウズにもめげず4回も通い詰めたご褒美ですネ^^(*´∀`*)
ってことで、私としては初めてキメジの”ナブラ打ち”の一部始終を直にこの目で見ることが出来たものの本題の80cmオーバーのシイラちゃんを持ち帰るには至らず、まだまだ修行が足りてないようデス(´Д⊂グスン 皆さんどうか今しばらくお待ち下さいm(_ _)m
nice!(3)  コメント(0) 

7月 12日 今日もこんなトコ行っとりました^^ [釣り]

昨日はまたまた、例によって車で行ける”ワイハ”の方へ

前日の予報では曇り時々雨だったのに、行ってみたらナント奇跡的にも良いお天気^^
220712伊豆白浜02.JPG
それからメンバーの方ですが、もちろん前回同様の----
220712伊豆白浜01.JPG
コイツラ~! いえいえこんな陽気なメンバーの方々--デスハイ^^;
そして波の方はと言うと、前回に比べパワーのある嬉しい乗り頃波\^^/
220712伊豆白浜07.JPG220712伊豆白浜08.JPG220712伊豆白浜09.JPG220712伊豆白浜201.JPG220712伊豆白浜12.JPG220712伊豆白浜13.JPG220712伊豆白浜11.JPG220712伊豆白浜203.JPG220712伊豆白浜204.JPG
更に前回と違うのは、現地で色々な方にお会いできたこと^^ 先ずはチョーさんのお友達で河津にお住まいのMさんに始まり
220712伊豆白浜14.JPG
そのご友人で白浜マリーナにお努めの方とか、更にはシライさんにまでww  シライさんはご旅行で奥様と多々戸にご宿泊とのこと。また川崎から来られたというNさん、Kさんなどなど
220712伊豆白浜20.JPG
結果こんなメンバーでのセッションと相成りました^^
220712伊豆白浜05.JPG
遭遇の経緯はここで私が話すのもなんなんで、是非ビーチで参加メンバーに直接お尋ねくださいw
それでは話戻してシライさんのシーンを
220712伊豆白浜17.JPG220712伊豆白浜15.JPG220712伊豆白浜16.JPG
それにしてもやっぱいつもココは日本にいる感じがしない
220712伊豆白浜18.JPG
そして華やか(^^) 夏も本番ですネ^^
220712伊豆白浜21.JPG220712伊豆白浜19.JPG220712伊豆白浜22.JPG
しかし、夏はうしろにご用心( ゚д゚)
220712伊豆白浜202.JPG
な~んちゃって^^;
閑話休題、やっぱ”白浜” サイコーデス\^^/\^^/\^^/

オマケ
7月8日は久方、庄治郎丸のライトルアー船へ
普段サーフィンで入水しているポイントを沖合から見晴かしながらのいつもの出港
220708庄治郎丸LTルアー02.JPG
この日は片舷4名で余裕のゲーム展開
220708庄治郎ライトルアー02.JPG
朝イチはイワシなど小魚のボイル(ナブラ)を追いかけてのトップウォータゲームに大興奮
220708庄治郎丸ライトルアー.JPG(庄治郎丸まるお船長のブログから拝借)
ボイルが収まってからは、いよいよ本題のジギングタイム。深場にサイズのあるサバがいて、浅いところにいる小さなサバを交わしての釣り、スリル満天でやっぱ大変楽しかった。またこの時期ワカシが頻繁にアタックして来てました
220708庄治郎丸LTルアー04.JPG
魚はその日の具合で持ち帰る魚種と匹数を決めてそれ以外はリリースし、船上である程度捌いてしまえば後がとっても楽になりますよ
この日はサバがソコソコ大きかったんで大きめの竜田揚げに
220708庄治郎丸LTルアー05.JPG220708庄治郎丸LTルアー11.JPG
ワカシはオサシミとなめろうにして
220708庄治郎丸LTルアー08.JPG220708庄治郎丸LTルアー12.JPG
大変美味しく頂きました^^
普段入水しているサーフポイントや平塚の景勝地”湘南平”をバックにロッドを振る時間
220708庄治郎丸LTルアー03.JPG
めちゃくちゃ癒やされます(*´∀`*)
でも、こっちの方も勿論めっちゃくちゃ楽しいし
220712伊豆白浜06.JPG
nice!(3)  コメント(0) 

6月 18日 やはり地元乗れてます [釣り]

今日はボード小脇に抱え歩いて7分、ホームポイントへ

波情報では湘南方面今日はかなり厳しい予報になっとりましたが、どっこい今のホームは波高30cm台でも乗れちゃっとりマス^^
220618袖ケ浜01.JPG220618袖ケ浜02.JPG220618袖ケ浜03.JPG220618袖ケ浜04.JPG220618袖ケ浜08.JPG220618袖ケ浜09.JPG220618袖ケ浜10.JPG220618袖ケ浜15.JPG220618袖ケ浜13.JPG220618袖ケ浜14.JPG
ホ~ントとってもリラックスして楽しめちゃいます
それから今日はこんな方も
220618袖ケ浜11.JPG220618袖ケ浜12.JPG
体調崩されてたとのことでしたが、入水直後から乗りまくり!!「医者の言う事なんて無視して楽しんじゃうことにした!」って仰ってましたが、それってNSA湘南西のクイーンさんから私が言われたことと同じノリなんで、ある意味平塚サーファーの多数派意見(=正論)とも思われます!?

さて、かく言う私も腰痛に悩まされとるんですが、先日13、14日はこんなところへ
220613箱根強羅温泉05.JPG220613箱根強羅温泉07.JPG
今年のはじめ草津温泉を初めて訪れ、その”強酸性泉”の素晴らしさに驚かされとったんですが、よくよく調べてみると地元箱根の強羅温泉も”酸性泉”だという事がわかり、早速”県民割”利用して湯治の一泊旅行
220613箱根強羅温泉02.JPG
翌日は雨だったんで美術館---しかし絵画系のそれにはほぼ行き尽くしてしまってたんで今回は趣向を変えてガラスの森美術館というところへ
220613箱根強羅温泉03.JPG220613箱根強羅温泉04.JPG
中々良い雰囲気でゆっくり楽しめました。ある意味”地域振興券”のお陰で体験できた効用とも言えますね
さて話変わって一昨日はこの方と船釣り、釣り物は今回原点に立ち戻って”ライト五目”へ
220616庄治郎丸06.JPG
船は片舷たった2名の大名釣り
220616庄治郎丸01.JPG
今回イワイさんのNEWタックルのテストも兼ねた釣行でしたが、結果は絶好調!
220616庄治郎丸05.JPG220616庄治郎丸03.JPG
魚の取り込みももう手慣れたものデス
今回もサバの猛襲に悩まされましたが、前回と違い食べられるサイズのサバだったんで強烈な引きを楽しむ分には十分Good
本来のターゲットはアジでしたが、”アジを釣る”というより”如何にしてサバに喰われないようにするか”の釣りって感じ
220616庄治郎丸08.JPG
今回のアジは大型が少なく、フライにせず素揚げメインで調理
220617アジ三昧06.JPG
大きめのアジは”なめろう”にしましたが、コレ自分でも驚く旨さ^^
220617アジ三昧05.JPG
一方、サバも今回竜田揚げで大変美味しく頂けました
220617アジ三昧03.JPG
こちらの方は、例によってお声がけ下さればどなたでもいつでもご一緒致しマスです、ハイ!
220616庄治郎丸07.JPG
nice!(3)  コメント(0) 

6月 7日 梅雨の晴れ間のGood Wave [釣り]

今日は超久方、サーフィンボード小脇にかかえ家からポイントへ^^

波は
220607OGi01.JPG
昨日の低気圧からの残り波。既に波高70cm位まで下がってましたが、それでも十分Goodな波。 今日はニバン辺りに人集中気味だったかな!?
220607OGi02.JPG220607OGi06.JPG220607OGi03.JPG220607OGi09.JPG220607OGi07.JPG220607OGi10.JPG220607OGi11.JPG220607OGi08.JPG220607OGi05.JPG
私、腰痛にて先月20日から1ヶ月間の運動禁止(何とストレッチも禁止!)を言われ薬飲んで大人しくしとりましたが、ようやく本日久々の入水を果たせてとってもウレシイ気分^^

そして人ほぼ皆無のサンバンでは鈴木さんがイイ波捉えてこのカットバック^^
220607OGi13.JPG220607OGi14.JPG220607OGi15.JPG
やりますネ^^ 相変わらず広範囲にイイ波楽しめてる平塚ビーチデス^^

オマケ
運動禁止中、皆さんから”なぜ入らないの?”とか、NSA湘南西のクイーンさんからは”何よそんなの気にしてないでチャッチャと入っちゃいなさいよ~”などなど大変温かい(?)お言葉頂きありがとうございます。ただ今回だけはどうしても実現させたかったことがあり、お医者様の言う事きっちし守って暮らしておりました。その実現させたかったこととはコレ
220601新島遠征06.JPG220601新島遠征01.JPG
新島遠征釣りデス!
今回シマアジやカンパチなどの魚も狙いましたが、私がどうしてもやってみたかった釣りは ”夜のアカイカ"
220601新島遠征03.JPG
アカイカは伊豆諸島特産の大きなイカでこのような大きなスッテと呼ばれる仕掛けを使い
220601新島遠征04.JPG
漁火を照らしながらの独特の釣り
220601新島遠征05.JPG220601新島遠征08.JPG
大きさは甲長4~50cm、全長だと6~70cmもあり、まるで大魚のような大きなアタリと強い引き、人生初めての体験でしたが16杯のアカイカを手にすることが出来また一つ夢を叶えること出来ました
220601新島遠征10.JPG
昼間の魚釣りではシマアジやイサキにショゴ(カンパチの幼魚)などなど
ただしシマアジは大きくても2kg止まり、1kg前後の数釣りでしたね220601新島遠征11.JPG
ってことで数年来の夢だったこの新島アカイカ釣りを実現させるため、今回はお医者様の言う事キッチシ守って強い薬飲んで一切運動せずに大人しくしとりましたのですよ
nice!(3)  コメント(0) 

海街FES Vol.4 はじまってます [釣り]

突然ですが、この20日から開催されている”海街ウィーク”について少し

これまで”海街FES”は平塚海岸の樹林帯の中において環境問題とか海の大切さを考えるワークショップなど各種イベントを行っていたんですが、今回はその範囲を平塚の街中から周辺地域の協賛店にまで広げての開催となっています

そしてそしてモッサンのお店”MO3STORE”隣りにある”FRESCO Gallery"では今回 ”ビーチクリン写真展”としてこれまで長年に渡り脈々と執り行われてきたビーチクリン活動のとってもなつかしい写真を観て頂ける展示会が開催される運びに
22052015.JPG
そして更に毎週末モッサンがボランティアで行っている”放課後サーフィンクラブ”における活動シーンも同時に展示^^
22052013.JPG(これは準備段階の画像、実際の展示状況は乞うご期待、是非会場にてご覧あれ!)
この素晴らしい地元平塚の波と天真爛漫なキッズたちの100点を超える写真を観ていただければ明日の活力につながるパワーをゲットできること請合い! 写真展は29日まで行われてますんで皆さん是非ご足労のほどよろしくお願いいたします^^
22052014.JPG 
(本当はもっと簡易に展示する予定が、モッサンのプロデユース魂に突如火が点き、かなり凝ったレイアウトにww) ってことで皆さんぜひ是非m(_ _)m
URL: http://www.mo3store.com/

オマケ
海街フェスとは全く関係ない話ですが、19日は恒例の”サーファーメンバーによる船釣り”の第3段を催行
22052002.JPG
そして今回の釣り物は ”ライト・ルアー”というもの 船宿はいつもの庄治郎丸さんデス 
さてこの”ライトルアー船”ですが、全国的には珍しく、おそらくこの形式では相模湾奥でしか観られない乗合方式では無いかと思います。詳しくは以下URL:https://tsurimaru.jp/articles/4379 ご参考
特徴は①乗船価格がリーズナブル ②11時半に港へ戻ってこれるので疲れが少なく昼ご飯も陸に帰ってからで大丈夫(船に持ち込む必要なし)③釣った魚を船長が捌いてくれる宿もあり(匹数制限あります)とメリット多いんですけど----
さてこの時期のメインターゲットは”サバとウルメ”ですが朝一に高級魚のタチウオも狙う目論見
22052003.JPG
しかし今回はこれまでのような爆釣とはならず、食べられない小さな小サバに邪魔されること多々、更にそもそも貸竿の調子が強すぎて大変釣りづらい結果に(T T)
22052005.JPG
まぁ何とか食べられるサイズのサバも釣れるには釣れましたが----
22052008.JPG
企画としてはイマイチ詰めが甘かった点ありと反省しきりm(_ _)m
22052009.JPG
それでもまぁ皆さんに少しでも楽しんで頂けたなら
22052012.JPG
それがイチバン何よりってことで!? また第4回企画しますんでご希望の方いつでも仰ってください!
nice!(5)  コメント(2)